おもちゃ子育て

~こどもおっさんワタルの独り言~

好きなことを楽しみながら子供と一緒に成長したいママ&パパへ。 おもちゃ/おでかけ/育児などリアルな体験・情報をゆる~く発信!

【おでかけ×育児】超オススメ!圧巻の自動車勢揃い「トヨタ博物館」まとめ

スポンサーリンク

こんにちは。こどもおっさんのワタル(@omocha_kosodate)です。「うちの子供って最近、すごく自動車が好きなんですよ・・・」とよく聞きます。そんなとき私は、かぶせ気味に(・・・もう何なら話も聞かずに)「トヨタ博物館いこうよ!!!」とウンチク語りだします。笑。

f:id:omocha_kosodate:20190310213202j:plain

トヨタ博物館の素晴らしさ

うちの息子たちに「なんで車好きなの?」と聞くと、幼稚園の次男君は「カッコイイやつとか、速いやつとか、警察とかあるから!」・・・確かにトミカなど、いつも並べて遊んでいます。小学生低学年の長男君は「おでかけできるから」と「つくって遊ぶから」・・・「ああ、そっちね」少し乗り物大好き熱はさがったものの、絵やLEGOではやはり乗り物を創作しています。トヨタ博物館で何度も見ていることが影響しているかは不明ですが、本当に2人ともが大好きな場所です(もちろんパパも!笑)。ママは興味の有無が分かれるかも知れませんが、喫茶店もあるのでパパに任せて是非!笑

 

さて「トヨタ博物館」の魅力をいくつか挙げると・・・「安い(大人1000円・小学生400円)」「圧倒的に珍しい車がたくさん」「イベントに感心」「駐車場が無料」「図書館もある」「グッズショップ!」「喫茶店も!!」「歴史が学べる!!!」・・・やばい、好きすぎて暴走気味です。笑。日本を代表する企業「トヨタ自動車」が運営しているのですが、トヨタ車だけでなく、海外も含めた他社の車(しかも珍しいもの)が多い!というのがポイントだと思います!車マニア様向け、というわけでなく、お子様・全国から訪れた初めて方でも分かるような目線で以下紹介します。

 

トヨタ博物館おすすめの回り方・展示概要

回り方の結論は・・・「イベント時間だけ確認して順路通り!」で良いと思います(大した情報でなくてすみません!笑)。というわけで・・・この記事では回り方よりも、どんなものが展示されているか概要まとめとして、リンク写真記事で詳細を紹介していきます。

 

具体的エリア名と主なポイント・・・エリア(ゾーン)は私で独自に分類したものです言葉はなるべく公式HP・パンフレットにあわせておきます。前述したとおり、❶~❹が順路とおりとなります。❺は無料(にも拘わらず充実!)ですので、ここだけ訪れることも可能です。

 

❶エントランス(本館1F)・・・ここで受付・入場します。本当に日本一丁寧すぎて緊張するぐらいの対応です。笑。受付含めたスタッフの方々の知識が半端ない!!屋外の「ボンネットバス」と、エスカレーター下の「トヨダAA型(レプリカ・トヨダは誤記でないです!)」がシンボルとなります。

f:id:omocha_kosodate:20190311205038j:plain

屋外展示してあって乗り込めちゃう!

f:id:omocha_kosodate:20190311221337j:plain

外観・・・意外と地味・・・笑

❷1950年代までの展示(本館2F)・・・サブタイトル「自動車の黎明期から日本車の誕生」・・・とにかく圧巻。。。オッサンにはたまらない。古いものなのに新しく感じる!我が家の息子たちも、そのカッコよさの虜です。歴史も学べるTHE博物館ゾーン!

 *トヨタ博物館(本館2F)の写真記事リンク

❸1950年代から現在の展示(本館3F)・・・サブタイトル「モータリゼーションの進展と多様化」・・・一気に現在まで進化します。伝説的な車などもあり、ここはオッサン的には懐かしさを感じつつ、息子たちからするとこれすら「新鮮でカッコイイ」そうです・・・なるほどね。笑。

 *トヨタ博物館(本館3F)の写真記事リンク

❹新館(2F)・・・本館から渡り廊下で続く展示ゾーンが2Fにあります。主に期間限定で企画展示が行われています。例えば「働くくるま」「世界のタクシー」「オープンカー」などなど・・・本当に工夫を凝らした展示となっていて、常設展示で見たことがある車でも「カテゴリー」「共通点」で他の車と並べてあったりして、いつも本当に感心してしまいます。

 *トヨタ博物館(新館2F)の写真記事リンク

❺新館(無料ゾーン1F・3F)・・・1Fに「喫茶店」「ショップ」があります。順路とおりに進むと最後に自動的にここに出ます。あまり知られていませんが、実は3Fに「図書館」があります。貴重な資料や子供でも楽しめる本の宝庫です。

 *トヨタ博物館(新館1・3F)の写真記事リンク

❻イベント情報・・・「企画展」「ギャラリー」など期間限定であります。❹で記載したとおり、主には新館2Fに展示されることが多いですが、大規模なものは本館で催されることもありました。また「工作教室」が夏休み・連休に無料ゾーンで行われたり、「走行披露会」が突然あったりと、本当に充実しています・・・が、イベント情報はマメにチェックするしかない。笑

 

❼(余談)クラシックカーフェスティバル・・・例年5月に「愛・地球博記念公園(モリコロパーク)」にて開催されます。全国から一般参加も含めたクラシックカーが集合し、公道も走るというトヨタ博物館が主催の大イベントです。別記事で紹介しますが、「何より走ることが凄い!!!」圧巻と感動です。*2019年は10月開催とのこと。。。

f:id:omocha_kosodate:20190311221328j:plain

本館と新館を繋ぐ渡り廊下

*この記事はベースとして、どんどん育てていきたいので、各エリア詳細情報(リンクなど)を拡大予定です!

 

トヨタ博物館へのアクセスは?

アクセスについては、電車なら愛知高速交通「リニモ(東部丘陵線)」の「芸大通(トヨタ博物館前)駅」、名鉄バスでも同じく「トヨタ博物館前」なので間違えにくいですし、自家用車なら最最寄りは「名古屋瀬戸道路」の「長久手IC」ですが、「東名高速」の「名古屋IC」からでも程なくの距離です。駐車場は無料で、よほど満車にはなりませんが、連休・イベントなどは周辺が若干渋滞することもあるので注意が必要です。

 

まとめ

こどもおっさんワタル「まとめの独り言」・・・「トヨタ博物館は、車好きならずとも最高のおでかけ場所!親子でイベント参加して何度でも訪れることができちゃう!以上が私が考える最もシンプルな「トヨタ博物館まとめ」です!!!それではまた。ごきげんよう。

*トヨタ博物館(本館2F)の写真記事リンク

*トヨタ博物館(本館3F)の写真記事リンク

 *トヨタ博物館(新館2F)の写真記事リンク

*トヨタ博物館(新館1・3F)の写真記事リンク