おもちゃ子育て

~こどもおっさんワタルの独り言~

好きなことを楽しみながら子供と一緒に成長したいママ&パパへ。 おもちゃ/おでかけ/育児などリアルな体験・情報をゆる~く発信!

【おでかけ×テーマパーク】子育てできる水族館「シーライフ名古屋」まとめ

スポンサーリンク

こんにちは。こどもおっさんのワタル(@omocha_kosodate)です。「子供がおでかけできるようになったんですけど、何処か水族館のおススメは?」とよく聞かれます。そんなとき私は、かぶせ気味に「シーライフ!」と答えるのです

*レゴランドのまとめ記事リンク

*シーライフ名古屋の写真記事リンク

f:id:omocha_kosodate:20190201214139j:plain

シーライフ名古屋の素晴らしさ

2018年にオープンして、しばらくたった訳ですが、実家が近いこともあり、年間パスポートを継続し、はや数十回通っている我らの想いと経験を熱くお伝えしたい。笑。御存じかも知れませんが、この「シーライフ名古屋」はレゴランドリゾートの一部にある水族館です。

 

レゴランドが「子育てができるテーマパーク」で、なぜから「子供が創造性を掻き立てられるから!」・・・とまぁ、勢いだけで、他の記事でも力説していますが、シンプルに言うとこのシーライフも「考えたり、さわったり、造ったり」が子供まかせで、発見・ワクワクがいっぱいな水族館なのです。もう、とにかく行って!笑

 

 シーライフ名古屋おすすめの回り方

そんなシーライフ・・・初めて楽しむ方に、おすすめの回り方を伝えたいと思います。結論は・・・「一方通行なので順番どおり!!!」本当にふざけたブログですみません。

 

実はお伝えしたいのは、そういう回り方ではなく、本当の結論は・・・「レゴランドと併用して回れ!」です。その心は、2時間あれば充分に、早ければ1時間くらいで回れるので「レゴランドのひとつのエリア」として考えるのです!

 

もちろんシーライフだけでも十分楽しめるテーマパークですが、私達親子の使い方は、レゴランドの予約アトラクションや、イベントの時間割、および、混み具合の状況を見て、合間にシーライフに利用します。そう、そして、最大のポイントはこれ!「天気に左右されない!!!」急な天候の崩れや、激暑&激寒でバテたとき、、、「ここは天国じゃ~」と親はきっと思うはず・・・笑

 

それには、やはり両方入場できるチケットが必要ですが、私としては、年パス(土日も入園できる「スタンダード」)がおススメですが、とりあえす1DAYパスで入って、追加料金アップグレードできるので一日楽しんだ後に年パスの判断しても良いかもしれませんね。

 

もうひとつ紹介しておきたいのは「バックヤードツアー!」日によって時間割はマチマチですが、一人500円で水族館の裏側を案内してもらえます・・・これは必見です!!!

 

まだまだ紹介しきれない魅力がいっぱいな上に、この記事は「シーラーフ名古屋」の紹介トップページですので、館内の詳細や買い物、イベントは別の記事にて。

*リンクなどでどんどん育てていきますね。

 

シーライフ名古屋のアクセスは?

アクセスについては、電車なら名古屋駅から「あおなみ線」の終点「金城ふ頭駅」なので間違えにくいですし、自家用車なら「伊勢湾岸道」の「名港中央IC」からほぼ直結の「名古屋市営金城ふ頭駐車場」が便利です。(平日1000円・休日1500円、満車になったことは見たことないです)

 

まとめ

こどもおっさんワタル「まとめの独り言」・・・「シーライフ名古屋はレゴランドと併用して回るべし!(バックヤードツアーは必見)以上が私が考える最もシンプルな「シーライフ名古屋まとめ」です!!!それではまた。ごきげんよう。 

 

*レゴランドのまとめ記事リンク

*シーライフ名古屋の写真記事リンク