おもちゃ子育て

~こどもおっさんワタルの独り言~

好きなことを楽しみながら子供と一緒に成長したいママ&パパへ。 おもちゃ/おでかけ/育児などリアルな体験・情報をゆる~く発信!

【おでかけ×水族館】究極コンパクト「竹島水族館」の愛が深すぎる(後編)

スポンサーリンク

こんにちは。こどもおっさんのワタル(@omocha_kosodate)です。「シンプルに何処の水族館がオススメですか?」と本当によく聞かれます。私は、かぶせ気味に「意味違うけど・・・シンプルといえば、竹島水族館!でもでも、愛が深すぎるんだわ、ここ!」と熱弁します(1記事で語り切れなかった写真もあっての後編!)笑

*竹島水族館(前編)記事のリンク

f:id:omocha_kosodate:20190316211427j:plain


愛知県蒲郡市「竹島水族館」の素晴らしさ

「一体どこなんだ?」というのはさておき(さておくなよ・・・紹介になってない!笑)、これまでの「おでかけ」でこれほど愛に溢れた水族館は中々ない!と感じています。それはズバリ「経営・飼育員さんが素敵すぎる!」ということです・・・実はここ竹島水族館は日本で4番目に狭い水族館らしく・・・お世辞にも綺麗な設備とは言えない・・・なんか古い学校の体育館です(失礼すぎ?)。でも、いつ行っても行列、皆が何度も訪れてしまう魅力的な場所なのです!!!

 

もう一度書いちゃいますが、とにかく愛(工夫というべきか)に溢れているということ。実際には感じていただくしかないのですが、例えば「いきものの紹介は全部手書きのポップ」「触れあえるゾーンが広い」「ショーが近い」「安い!大人500円・小中学生200円」「飼育員さんの気遣いが染みる」などなど、私の文章力の無さが悔しい!泣。ゴチャゴチャ感と全く飽きない楽しさは、正に「ドン・キホーテの水族館版」・・・この例えもイマイチ?!笑

 

概要を写真で紹介

本当に狭いんです・・・でも、こんな沢山のバリエーションで写真が撮れて、記事が前後編になっちゃうってことは、やはり魅力がいっぱいということです。後で気づいたのは・・・写真がとても綺麗に撮れる(下手なのは勘弁ください!笑)・・・他の水族館ではガラスに反射したり、暗かったりで残念なことがありますが、建物や水槽は古いのに(本当にゴメンなさい)、不思議な感覚です。まさか照明などが工夫されているのかも・・・。編は主に触れ合い&その他のネタ紹介します。

f:id:omocha_kosodate:20190315223449j:plain

メインイベントはアシカショー!!!

f:id:omocha_kosodate:20190315223455j:plain

f:id:omocha_kosodate:20190315223930j:plain

決して広くないですが、立ち見で熱狂!!!

f:id:omocha_kosodate:20190315223948j:plain

f:id:omocha_kosodate:20190315223437j:plain

グッズショップも濃いんです!笑

f:id:omocha_kosodate:20190315223942j:plain

f:id:omocha_kosodate:20190315224552j:plain

f:id:omocha_kosodate:20190315224545j:plain

そして触れちゃうんです・・・

f:id:omocha_kosodate:20190315233854j:plain

f:id:omocha_kosodate:20190315223935j:plain

・・・何とオオグソクムシにも!!!

f:id:omocha_kosodate:20190315224616j:plain

f:id:omocha_kosodate:20190315224938j:plain

f:id:omocha_kosodate:20190315224601j:plain

f:id:omocha_kosodate:20190315224608j:plain

他にも、愛と癒しの数々があります

f:id:omocha_kosodate:20190315225711j:plain

絶対リピートしちゃいま・・・しちゃいました

アクセスは?

アクセスについては、公共交通機関ならば、JR東海道本線または名鉄蒲郡線「蒲郡駅」南口からバスで「竹島遊園」もしくは徒歩15分くらい。自家用車ならば、東名高速道路「音羽蒲郡IC」よりオレンジロード(無料です)経由で道なりです。水族館周辺に無料駐車場(臨時駐車場も)あり、よほど満車にはなりませんが、連休などは周辺渋滞、そもそも車よりも入場するのに並ぶので注意が必要です。

 

まとめ

こどもおっさんワタル「まとめの独り言」・・・「竹島水族館は愛が溢れまくりの究極コンパクト水族館!アシカショー・カピバラショーも必見で、オオグソクムシにも触っちゃおう!!」以上が私が考える最もシンプルな「竹島水族館の紹介」です!!!それではまた。ごきげんよう。

*竹島水族館(前編)記事のリンク