おもちゃ子育て

~こどもおっさんワタルの独り言~

好きなことを楽しみながら子供と一緒に成長したいママ&パパへ。 おもちゃ/おでかけ/育児などリアルな体験・情報をゆる~く発信!

【本×育児】あそび絵本「お化けの迷路」が知育に良・・・いやクセになる!

こんにちは。こどもおっさんのワタル(@omocha_kosodate)です。「幼少期に本を読む癖をつけるといい!って聞きますが、どう思います?」とよく聞かれます。そんなとき私は、かぶせ気味に「知育っていう意味?」と聞き返しつつも、続けざまに「あそび絵本がブームです!」と聞かれてないのに、すすめちゃいます。笑

f:id:omocha_kosodate:20190516225003j:plain

いや、サブタイトルっ!!!笑

我が家の本好き息子たち

・・・小学生の長男君は本が好きです。図書館でまとめ借りした本を1日1冊くらいのペースで読みます。次男君はそれを見ならってか、同じように絵本を眺めています。ママが小さい頃から本好きだったので、毎日みんなで読書タイム。私はその隙にSNSですが。笑

あそび絵本って何?

これまで他の記事では・・・「調べる」「読む」そして「実物を見に行く」が知育によい・・・という説に乗じて、「図鑑」をたくさん紹介してきましたが、この「あそび絵本」というジャンルは、「パズル」「ゲーム」などの「脳トレ的な本」と位置付けています(あくまで私が勝手に言っているだけですので誤解なく!)。

 

そして、「図鑑」が「知識」なら、「あそび絵本」は「発想力」を養える・・・とまぁ、大袈裟に書いてみましたが、「あたまがよくなる!」なんてキャッチフレーズはよく聞くけど、単純に子供と一緒にやると楽しいです。代表例は・・・「ウォーリーを探せ!」ですね(古い!)と、、、例えてしまうオッサン世代です。笑

f:id:omocha_kosodate:20190516224922j:plain

ただ、この本は・・・シュールすぎる

この本が「クセになる」な理由

では、何故この本なの?という点についてですが・・・「あそび絵本」のジャンル内訳として「かくしえ」「めいろ」「まちがいさがし」「みつけ」「なぞとき」が代表であると考えています。この本・・・題名にあるので、「迷路」というジャンルかと思いきや、実は・・・「めいろ」「かくしえ」「むずかしいめいろ」「クイズ」が網羅されており、小学生の長男君は「迷路のやりがいがある!」、幼稚園児の次男君は「かくしえ・クイズばかり連続してやる!!!」と年齢にあった遊び方ができるのが特徴なのです。

f:id:omocha_kosodate:20190516224925j:plain

遊び方(読み方)が自在!!!

実は以前にも同シリーズの「進化の迷路」「動物の迷路」を別記事で紹介しており、それでこのシリーズの虜になってしまった我が家の子供達。。。笑。これまでは「オススメ」という形で紹介したのですが・・・この今回の「お化け編」・・・ちょっとマニアック過ぎて「クセになる」・・・という題名にしてみました。笑

f:id:omocha_kosodate:20190516225010j:plain

f:id:omocha_kosodate:20190516224932j:plain

クセが強い・・・笑

f:id:omocha_kosodate:20190516224928j:plain

f:id:omocha_kosodate:20190516224934j:plain

壮大な迷路、お化けリストまで・・・

間違いなく子供達が好きな動物や乗り物でなく、何故お化け???しかもサブタイトル「幽霊の学校をぬけて地獄の迷宮へ」・・・こんなタイトルで売れるのか???笑笑笑反面よくもまぁ、こんなにネタあるもんだ。。と感心してよくよく見返してしまうパパ。。。クセになってる!!!

f:id:omocha_kosodate:20190328211836j:plain

他のシリーズも・・・また紹介します!笑

また、もちろん親子でも楽しめるのですが、よくよく兄弟2人で一緒に読んでいることがあります。そして・・・弟が何回もこなしていることもあるとは思うのですが・・・「かくしえ」探しなんかは互角・・・いや、兄よりも速く見つけている場合もあり、弟が兄と対等に遊べる機会(本)であることが最も素晴らしい点です。何度も繰り返し静かに遊んでいるのをニヤッとして見ているママ。・・・色んな意味で重宝してます!笑

まとめ

こどもおっさんワタル「まとめの独り言」・・・「あたまのよくなるあそび絵本のひとつ・・・動物の迷路・・・は知育も両立!パパママも一緒に脳トレしちゃおう!以上が私が考える最もシンプルな「PHP研究所・お化けの迷路の紹介」です!!!それではまた。ごきげんよう。