おもちゃ子育て

~こどもおっさんワタルの独り言~

好きなことを楽しみながら子供と一緒に成長したいママ&パパへ。 おもちゃ/おでかけ/育児などリアルな体験・情報をゆる~く発信!

【おでかけ×水族館】クセになる魅力「沼津港深海水族館」(後編・2F)

こんにちは。こどもおっさんのワタル(@omocha_kosodate)です。「何処の水族館がオススメですか?」と本当によく聞かれます。私は、かぶせ気味に「人の感性それぞれだし・・・でも、沼津港深海水族館はクセが強い!」とひねくれながら結局オススメします。笑(1記事で語り切れない写真がいっぱいだったので後編!

*沼津港深海水族館(前編)の記事リンク

f:id:omocha_kosodate:20190514220547j:plain

静岡県沼津市「沼津港深海水族館」の素晴らしさ

「一体どこなんだ?」というのはさておき(さておくなよ・・・紹介になってない!笑)、これまでの「おでかけ」でこれほどクセになる水族館は中々ない!(くどい!笑)それはズバリ「深海の神秘的な生き物が素敵すぎる!」ということです・・・また、ここは別名「シーラカンス・ミュージアム」・・・お世辞にも広い施設とは言えない(失礼すぎ?)・・・でもでも、いつ行っても行列、皆が何度も訪れてしまう魅力的な場所なのです!!!

f:id:omocha_kosodate:20190514220533j:plain
ウンチクですが、駿河湾って深海2500mで日本一なんですよね(たいしたウンチクではない・・・笑)。目の前にある水揚げされる海産物・・・あ、間違えた!笑笑、、、神秘の宝庫!これはブログ文章で説明より写真で紹介します(もはやふざけ過ぎのブログコンセプト)。そして訪れていただいて必見なのです!!!

概要を写真で紹介

本当に狭いんです・・・でも、こんな沢山の写真が撮れて、記事が前後編になっちゃうってことは、やはり魅力がいっぱいということです(何それ?笑)。後編は主に2Fに展示されている生き物(以外のものも)を紹介します。そして前述したとおり、もう余計な説明なし!見て!!!

f:id:omocha_kosodate:20190514231109j:plain

f:id:omocha_kosodate:20190514231102j:plain

f:id:omocha_kosodate:20190514231056j:plain

f:id:omocha_kosodate:20190514231051j:plain

f:id:omocha_kosodate:20190514231046j:plain

コンセプトどこいった?という展示も・・・

f:id:omocha_kosodate:20190514231234j:plain

f:id:omocha_kosodate:20190514231432j:plain

f:id:omocha_kosodate:20190514231223j:plain

メインです!5体もあって、うち3体冷凍!!!

f:id:omocha_kosodate:20190514231244j:plain

f:id:omocha_kosodate:20190514231239j:plain

f:id:omocha_kosodate:20190514231229j:plain

f:id:omocha_kosodate:20190514231440j:plain

f:id:omocha_kosodate:20190514231425j:plain

f:id:omocha_kosodate:20190514231412j:plain

はい。以上!!!素敵すぎでしょ?一点だけ補足。。。芸人の「やるせなす石井ちゃん」が解説員として度々シーラカンスを紹介してくれます(公式応援団長らしいです)。とても分かりやすく楽しい説明でしたので、ネットなどで日程情報収集してみても良いかと。。。

 

アクセスは?

アクセスについては、公共交通機関ならば、JR東海道本線「沼津駅」南口からバスで15分「沼津港」。自家用車ならば、東名高速道路「沼津IC」、または新東名高速道路「長泉沼津IC」より何れも約30分。水族館専用の駐車場はなく、近隣の有料駐車場のみで提携割引などもありません。

 

沼津港自体が食事処でいっぱいですので、(食事をした)お店の提携駐車場を使うのも良いかもしれません。ただし観光名所ということもあり、連休などは周辺渋滞など注意が必要です。ちなみに、水族館は年中無休ですが・・・お店は休みの場合あり。。。笑

 

まとめ

こどもおっさんワタル「まとめの独り言」・・・「沼津港深海水族館は神秘的な魅力がいっぱいのクセになるンパクト水族館!写真にない「メンダコ」も必見で、生命・進化についても考えてみよう!!」以上が私が考える最もシンプルな「沼津港深海水族館の紹介」です!!!それではまた。ごきげんよう。

*沼津港深海水族館(前編)の記事リンク